バスケットボール男子のBリーグは12日、今季のB1ライセンス取得の条件について、「3億円以上の売上高見込み」の基準を撤廃したと明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、14日から4月1日までB1、B2のリーグ戦を無観客で行う影響でクラブの入場料収入がなくなることを踏まえた。リーグは「(撤廃を)特別措置」とした。
 リーグは今季、各クラブに経営基盤の強化を促す狙いで、B1ライセンス取得の条件に「今年6月末の売上高見込みが3億円以上」の基準を追加。しかし、無観客試合を実施するとクラブの売上高減につながるため、基準の撤廃を決めた。各クラブには既に通知した。ライセンスにつ...    
<記事全文を読む>