バスケットボール男子Bリーグ1部の秋田ノーザンハピネッツは14日、青山学院記念館(東京)でSR渋谷と今季初顔合わせ。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で無観客試合となったが、古巣との対戦を控えるガード伊藤駿は意気込む。仙台市出身の伊藤に取材した11日、東日本大震災へ寄せる思いも聞いた。

―無観客をどう受け止めているか

 初めての経験なのでどうなるか分からないが、正直ブースターさんがいたほうが良かったなと思う。応援してもらうことがうれしいし力にもなっている。いてほしかったなと。

―これまでのキャリアの中で、今回は試合がない...    
<記事全文を読む>