バスケットボール男子Bリーグは10日、B1、B2のプレーオフ(PO)の開催を遅らせ、実施方式も変更すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、11日までリーグ戦が中断している影響。当初は10日に第1回のライセンス審査を行う予定だったが、コロナウイルス対策の検討を優先し、4月に延期となった。
 信州ブレイブウォリアーズが既に出場を決めているB2POは8チームで争う。2戦先勝方式の準々決勝は5月1〜4日に、リーグ戦の成績が上位のチームのホームで行う。準決勝以降は一発勝負に変更となり、横浜アリーナで12日に準決勝、東京都大田区の片柳アリーナで16日に決勝と3位決定戦を行...    
<記事全文を読む>