バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは7日、天童市の県総合運動公園アリーナで仙台(同地区)と合同練習を行った。新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて試合が延期となっている中、実戦感覚を維持することを目的に、両チームが一般には非公開で実施した。

 実戦形式の練習をメーンに据えた。B2・18チーム中、勝率最下位と低迷にあえぐ山形。立て直しに向け、2月に新加入したスモールフォワード兼パワーフォワードのマイク・ベル(37)、スモールフォワードの栗原貴宏(32)も参加して攻守の連係を確認した。

 B1宇都宮から期限付き移籍...    
<記事全文を読む>