パラリンピックの人気競技、車いすバスケットボール界が揺れている。国際パラリンピック委員会(IPC)が、出場資格のない障害の選手がいる可能性を指摘し、半年後に迫った東京大会からの「除外」を警告したためだ。国際車いすバスケットボール連盟は是正する方針だが、パラスポーツにおける障害の定義の難しさがあらためて浮き彫りになった。

 (神谷円香、中川耕平、兼村優希)

■最後通告 

 「競技の高潔性を脅かす」「人気のある競技でも、ルールを逸脱していいわけではない」

 IPCのパーソンズ会長は1月31日に声明を発表し、除外を警告...    
<記事全文を読む>