Jリーグが公式戦再開の再延期を決めた25日、静岡県内のクラブは決定に理解を示すとともに、4月に開催される予定だった試合のチケット販売を一時停止するなど対応に追われた。
 J1清水の再開予定試合は5月9日の札幌戦(厚別)。山室晋也社長は「やむを得ない判断だが、ゴールデンウイーク期間に試合が開催できず、その後の過密日程も考えると収益への影響は大きい」と厳しい表情。MF竹内は「海外では外出制限の例もある中で自分たちは何不自由なく練習ができている。再開時にサポーターに元気を与えられるようにしたい」と語った。
 J2磐田は5月3日の町田戦(Gスタ)。非常事態を宣言している母国...    
<記事全文を読む>