JリーグがJ1再開を5月9日に見直したことを受け、神戸のFW小川は25日、いぶきの森球技場(神戸市西区)での練習後に心境を語った。今回で3度目の延期だが、活動を停止する海外クラブと比べ「毎日練習できている。サッカーができる幸せをかみしめたい」と前を向いた。

 神戸は2月23日のリーグ開幕戦を最後に、試合から遠ざかる。再開予定日も3月18日、4月3日と先延ばしとなり、今回の判断が実現すれば、5月10日のホーム浦和戦が再開初戦となる。

 中断期間の延長が続くが、選手の士気は高いという。フィンク監督は常に「チームとしてやることがある」などと鼓舞しているといい、「自分た...    
<記事全文を読む>