サッカーのJリーグは25日、臨時の実行委員会を開き、目標としていた4月3日の公式戦再開を断念し、J1は5月9日、J2は同2日に再開する方針を決めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2月下旬から中断している。まだ1試合も消化していないJ3は4月25日開幕を目指す。ブラウブリッツ秋田は26日に香川県丸亀市のPikaraスタジアムで讃岐と初戦を迎える。

 ウェブ上で記者会見した村井満チェアマンは、再開先送りの理由に検温機器などの調達、準備に時間がかかることを挙げた。感染防止策として、会場内で密集状態をつくらないよう収容率50%以下とし、長距離移動を伴うアウェー客の来場は原則的に...    
<記事全文を読む>