紹介してきた短距離走に関わるトレーニングと比べ、「もも上げ」と「スプリットジャンプ」は体に負荷をかけて鍛え、力強い走りを目指していくメニューになる。

 今回、京谷洋佑トレーナーが紹介するもも上げは、太ももをテンポよく上下動させながら、左右交互に上げた状態で一瞬止める。リズムは「タタタン、タタタン」。こつは▽脚を高く上げる▽腕を振る▽しっかりと踏み込む-の三つ。地面からの反発力を受け、前に前に脚を押し出していくことができるようになる。

 もう一つのスプリットジャンプは、短距離の一歩目が速くなるトレーニング。姿勢を伸ばした状態で、前後に開いた脚を...    
<記事全文を読む>