日本サッカー協会は24日、第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)の4回戦までの組み合わせを発表し、前回覇者のJ1神戸は初戦の4回戦でJ2水戸と2回戦を勝ち上がったチームの勝者とノエビアスタジアム神戸で対戦する。

 47都道府県の代表など88チームが参加する。本県関係ではJ2のモンテディオ山形が初戦の3回戦(7月8日)で神奈川など都道府県代表の勝者と対戦。勝利した場合は4回戦でJ1大分と戦う。来月決定する本県代表は1回戦で群馬県代表と顔を合わせる。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大会方式が...    
<記事全文を読む>