日本サッカー協会は24日、第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、佐賀新聞社、NHK共催)の4回戦までの組み合わせを発表し、J1サガン鳥栖は8月19日に鳥栖市の駅前不動産スタジアムでJ1横浜FCと対戦することになった。

 47都道府県の代表など88チームが参加。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大会方式が7回戦制から8回戦制に変更され、2回戦から登場予定だったJ1勢は4回戦からとなった。

 5月10日に決まる佐賀県代表は1回戦からの登場で、広島市の広島広域公園第一球技場で広島県代表と戦う。前回覇者のJ1神戸は初戦の4回戦でJ2...    
<記事全文を読む>