サッカーJ2松本山雅は24日、けがで離脱している3選手の負傷状況を発表した。このうち、3月上旬の練習で右膝を痛めたMF吉田将也(23)は23日に松本市内の病院で手術を受け、右膝外側半月板損傷で全治約4カ月と診断された。
 DF乾大知(30)は11日の練習で右足の第2趾基節骨を骨折して全治約3カ月、MF中美慶哉(28)は18日の練習試合で右膝内側側副靱帯(じんたい)損傷のけがを負って全治約6週間と診断された。
 吉田と乾は今季加入した新戦力で、ここまで松本山雅での公式戦出場はなかった。加入3年目の中美は今季初戦となった2月16日のルヴァン・カップ1次リーグ第1節のC大...    
<記事全文を読む>