J1仙台で活躍し海外に挑戦していたFW西村拓真(23)が2年ぶりに仙台への復帰が濃厚となったことが23日、分かった。新型コロナウイルスの感染拡大を理由に日本でのプレーを希望し、ポルトガル1部ポルティモネンセからの退団が決まったため、仙台が生え抜き選手の意向を尊重して獲得に動いていた。
 愛知県出身の西村は富山一高から15年に仙台へ加入。17年、YBCルヴァン・カップで2得点2アシストの活躍でニューヒーロー賞を獲得。18年はリーグ戦で11ゴールを約半年で挙げるなど急成長を遂げ、同年9月にCSKAモスクワ(ロシア)に完全移籍した。今季からポルティモネンセに期限付き移籍していた。<...    
<記事全文を読む>