Jリーグは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け今季J1、J2で下位チームの降格をなくす。仙台は、2010年からJ1に定着しているが、近年は下位が続く。降格がないシーズンは仙台にとって、どう影響するのか。仙台で指導、プレー経験のある専門家は「大胆で攻撃的な試合になる」と予測する。
 降格を実施しないのは2004年以来。今季はJ2の1、2位が昇格し、来季は20チームによるリーグ戦を行い下位4チームがJ2に降格する。仙台は12年は2位と躍進したが、13年からは毎年2桁順位が続き、昨季は最終節の1戦前にJ1残留を決めて11位だった。
 08~10年に仙台のヘッドコーチを務め...    
<記事全文を読む>