股関節痛でリハビリを続けていたJ1清水のDFエウシーニョ(30)が20日、今季初めてグラウンドでボールを使った練習を行った。「痛みや違和感はない。一日でも早く復帰したい」と順調な回復ぶりに明るい表情を見せた。
 昨季途中から痛みを抱えて試合に出場していたため、昨季終了後にブラジルに帰国して治療。2月中旬にチームに合流し、室内でのリハビリトレーニングを行ってきた。20日は別メニューでランニングやパス練習に汗を流した。
 チームは今季、攻撃的なサッカーへの転換を図っている。エウシーニョは「(前所属の川崎は)攻撃的なチームだったので、すぐに慣れる自信はある」と胸を張り、「...    
<記事全文を読む>