「今は我慢の時期」。主将のシマオマテはチームのピンチにも揺るぎない。新型コロナウイルスの感染拡大でリーグ中断が続く中でも、リーダーとしての責任感と、「選手としてもっと向上していきたい」とひたむきに練習に取り組む姿で仲間をけん引。11人が加入した新生ベガルタの融合を促し、再出発の時を待つ。
 限定的な手法とはいえ、取材解禁は3週間ぶり。無料通信アプリの画面越しに久々に見せた表情は落ち着いていた。「中断期間で戦術の理解度を高められ、けが人も戻っている。良い雰囲気で練習できている」と力強い。
 スペイン1部レバンテでもプレーした実力者。初めて日本でプレーした昨季も高い身体...    
<記事全文を読む>