新型コロナウイルスの感染拡大に伴うJリーグ公式戦の中断期間延長を受け、4日間のオフを設けたJ1神戸が17日、神戸市西区のいぶきの森球技場で練習を再開した。2月23日のリーグ開幕戦(対横浜FC)を最後に約3週間、実戦から離れており、今季ここまで公式戦4戦4発のFW古橋は「そろそろ試合がしたい。見たいと思っているサポーターもいると思う」と本音を明かした。

 この日は報道陣に公開され、フィンク監督を中心に円陣を組んだ後、練習を開始。全メニューを消化した古橋は「試合のようにモチベーション高く、楽しむことを意識している」と振り返った。

 Jリーグは4月3日の再開を目標に、...    
<記事全文を読む>