日本サッカー協会は17日、田嶋幸三会長(62)が新型コロナウイルス検査で陽性だったことを発表した。発症は14日といい、17日午後に検査結果が出た。田嶋会長は協会を通じ「多少熱があり、肺炎の症状もあるそうだが、元気です。保健所や医師の指示に従い治療に専念していく」などとする談話を出した。

 田嶋会長は国際サッカー連盟(FIFA)理事や日本オリンピック委員会(JOC)副会長など国内外のスポーツ団体で要職を務めている。10日は、東京都内でラグビーワールドカップ組織委員会理事会に出席した。発症後の16日に都内で開かれたJOC常務理事会は欠席していた。

 田嶋会長は2月下...    
<記事全文を読む>