サッカーJ2・モンテディオ山形は15日、天童市の県総合運動公園第3運動広場で練習し、報道陣に公開された。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた試合中断の延長が決まって以降、初のトレーニングになり、ミニゲームなどで連係を磨いた。

 11日には非公開で練習試合も行われ、石丸清隆監督は「チームで幅を持たせたい。初めてのポジションの選手もいた」と語り、一部選手の新たな起用法を試したという。現時点で中断期間は4月上旬までの予定。「(再開まで)一定のペースを保ち、過負荷にならないようにしたい」とし、通常の練習日程を継続する考えを示した。

 代表取材に応じた...    
<記事全文を読む>