新型コロナウイルスの感染拡大により、異例の4日間のオフを挟んだ湘南が16日から平塚市の馬入ふれあい公園で練習を再開した。浮嶋敏監督は「感染のリスクも今がピークと思ったので、このタイミングで(オフを)設けた。選手たちもリフレッシュできたと思う」と説明した。

 オフ明けのこの日はボール回しやミニゲームなど約1時間半、軽めのメニューを消化した。MF山田は「18日のリーグ再開を目指して、気持ちを切らさないようにやってきたが、また延期になってしまった。監督もさすがに『1回休みを』と考えたと思う。みんなリラックスして過ごせたので、きょうもいい練習ができた」と振り返った。 <記事全文を読む>