熊本キャンプ最終日の北海道コンサドーレ札幌は、一般非公開でJクラブと練習試合を行った。45分×2で戦った主力組は1―1で引き分け。35分×2で戦った控え組は0―1で敗れた。約2カ月間に及ぶキャンプを打ち上げ、ミハイロ・ペトロビッチ監督(62)はチーム作りに手応えをにじませた。

 熊本での最後の練習試合は、Jクラブ相手に1―1のドロー。90分戦い抜いたFW鈴木は「疲れましたよ、本当に」と充実の汗をぬぐった。約2カ月に及ぶ長いキャンプを完走。この日、自らは前半8分に先制点を挙げた。節目の一戦では、チームとしてキャンプの成果が随所に現れた。

 ...    
<記事全文を読む>