新型コロナウイルスの感染拡大の影響でJリーグが中断し、3月に予定されていたU―23(23歳以下)日本代表の強化試合2試合も中止となった。東京五輪出場を目指すJ2磐田FW小川航は11日、「東京五輪の開催すら分からない状況だが、ずっと出場を目指してきた。信じて準備するしかない」と現在の心境を語った。
 J2水戸から復帰した今季。「開幕から3試合が勝負」と意気込み、2月23日の山形との開幕戦で2得点を挙げて好発進した。だが、中断期間の練習で左足の張りを訴え、11日の練習試合は大事を取って欠場した。
 「(リーグ戦で)2節目以降もプレーしていたら、大きなけがにつながる可能性...    
<記事全文を読む>