札幌は11日、熊本市のえがお健康スタジアムでJリーグクラブ(チーム名非公表)と45分ハーフ、35分ハーフの練習試合2試合を行った。主力組が出た1試合目は1―1の引き分けで、FW鈴木が得点した。若手中心の2試合目は0―1で敗れた。チームはこの日で熊本キャンプを打ち上げ、札幌に移動。数日間の休養日を経て調整を再開する。

 新型コロナウイルスの感染拡大でJリーグは中断期間の延長が決まっており、再開後のリーグ戦の初戦は4月4日のアウェー大分戦を予定している。

...    
<記事全文を読む>