J2磐田は11日、ヤマハ大久保グラウンドでJ3藤枝と練習試合(45分×4本)を行った。主力は1、2本目に出場。藤枝に2度先行されたが、2本目の終盤にFWでプレーした山田の連続ゴールで逆転した。
 磐田は山田が1―2の2本目42分、DF石田の右クロスを合わせて追いつき、45分にMF清田とのワンツーに抜け出して勝ち越した。山田は「1本目はミスが多く厳しい展開になったが、公式戦再開まで練習試合に勝つことで(チームに)自信を植え付けたかった」と勝利にこだわった。チームは1日から8日間、全体練習を行わなかったが、個人的に走力強化を目指すトレーニングを続けていた。
...    
<記事全文を読む>