新潟市江南区出身の黒井孟徳(20)が、サッカーポーランドリーグ4部のチームと先月、契約を結んだ。大学中退の手続きを済ませ、単身での挑戦に「今が一番サッカーに集中できている」と、欧州強豪リーグへのステップアップを目指す。

 竹尾小でサッカーを始め、新潟FFCジュニアユースを経て、高校の名門・静岡学園に入学。卒業後は静岡産大に進んだ。ただ高校、大学での競争は厳しく、けがもあって、いずれもトップチームに入ることはなかった。

 日本の評価とは異なる可能性を求め、昨年11月、千葉市で行われた「世界プロサッカー挑戦セレクション」を受験。技術と速さを兼ね備...    
<記事全文を読む>