J1広島が、中断期間中の課題としてパススピードアップに取り組んでいる。1秒でも速く味方につなぐことで受け手に次の展開を考える余裕を与えて、多彩な攻撃につなげる狙い。城福監督は「ここまで前線からの守備がうまく得点に結びついてきたが、自らボールを持った時の攻撃力も必要」と意識浸透を図る。

...    
<記事全文を読む>