「女がサッカーなんて…」。サッカー選手を志す女性にこうした言葉が向けられた時代は長かった。2011年の女子ワールドカップ(W杯)で日本代表「なでしこジャパン」が優勝し、風向きは大きく変わった。それでも、生活との両立や競技を長く続けられる環境整備など女子サッカーを巡る課題は依然多い。そうした「壁」に三浦市出身の2人が挑んでいる。一人は静岡の強豪クラブチームを率いる監督として、もう一人は横浜のクラブチームの選手兼コーチとして。サッカー女子の価値を高めるゴールをめがけ、駆け続ける。

 「サッカーを通じさまざまな経験をして、成長してほしい」。“サッカー王国...    
<記事全文を読む>