東日本大震災の被災地、岩手県釜石市出身のJリーガーが、今季から1部(J1)のヴィッセル神戸に加入している。山口県を拠点とする2部(J2)のレノファ山口から移籍したDF菊池流帆(りゅうほ)選手(23)。中学2年で震災に遭い、家族は無事だったが、恩師のコーチを失った。あの日から9年。かつてのサッカー少年はコーチの教えを胸に成長し、釜石初のJリーガーとして故郷の子どもたちの憧れの存在となっている。(有島弘記)

 2011年3月11日。中学校で3年生を送る会を終えた後、校舎が激しく揺れ「津波が来る。近くの山に逃げろ」と指示された。釜石市では、過去の災害を踏まえた防災教育のおかげで学...    
<記事全文を読む>