新型コロナウイルスの感染拡大で15日までのサッカーJリーグ全公式戦が延期された中、J2松本山雅FCはサポーターらに楽しんでもらおうと、会員制交流サイト(SNS)ツイッターでの情報発信に力を入れている。動画投稿サイトのユーチューブでも練習の様子を公開し、好評だ。
 「まもなくキックオフ今日も熱いご声援よろしくお願いします」「前半終了0―0」。アルビレックス新潟とのホーム開幕戦が行われるはずだった1日、山雅のツイッター公式アカウントが架空の試合を実況した。サポーターらは思い思いにスタメンや展開を予想し、盛り上がった。
 2日は主将の田中隼磨選手らがツイッター上でサポータ...    
<記事全文を読む>