西武は30日、松坂大輔投手(39)がコンディションを上げる目的で、28日に右膝に注射を打ったと発表した。30日にメットライフドームで実施した練習ではグラウンドに姿はなかった。今後は別メニューで調整する方針。西口投手コーチは「開幕まで時間があるし、いいコンディションに持っていくため、本人が考えたこと。すぐに投げられる。大げさなものではない」と説明した。4月24日に予定されている開幕への見通しについて、同コーチは「普通に間に合うでしょう」と話した。

...    
<記事全文を読む>