中学生硬式野球のU15日本代表(ボーイズリーグ)として世界一を経験した桐生ボーイズの大型左腕、川井泰志投手(桐生中央中)が今春、春夏通算8度の甲子園優勝を誇る大阪桐蔭高に進学する。昨年の世界少年野球大会(8月・イタリア)で日本の優勝に貢献し、大会ベストピッチャーに選ばれた。「将来の目標はプロ野球選手。そのためにも厳しい環境で自分を成長させたい」と志を胸に旅立つ。

 かわい・たいし 2004年4月生まれ。桐生西小(西小ファイターズ)―桐生中央中。左投げ左打ち。好きな食べ物は、うどんとラーメン。目標のプロ野球選手は楽天の則本昂大投手。

...    
<記事全文を読む>