東京五輪の延期決定を受けて、野球・ソフトボール主会場の横浜スタジアムを本拠地とする横浜DeNAの三原一晃代表は25日、「今の段階では何も言えないし、まだ来年に横浜スタジアムを使いたいという話は受けていない」と述べるにとどめた。

 球団は今夏、代替措置として東京ドームやZOZOマリンなどで主催試合を行うことになっている。横浜の本拠地開催に戻すことも可能となり、ラミレス監督は「ホームの勝率が去年すごく良かったし、選手にとってもうれしいだろう」。ただ三原代表は「球団、NPBで今日程を考え始めているところ。相手のあることで簡単に決められない」と語った。

<記事全文を読む>