西武の辻発彦監督(61)が24日、練習試合再開までの空白期間を“籠城作戦”で乗り切る考えを明かした。球団が管理するメットライフドームを最大限に活用。練習試合や2軍戦の誘致を計画し、開幕目標の4月24日へ実戦感覚を養っていく。

 本拠地での全体練習開始前、グラウンドに集まったナインは新たな開幕への説明を受けた。辻監督は「気持ちだけは(開幕に)ベストで迎えられるようにやってくれ。まだまだ先だからという気持ちは駄目。一つ一つ集中してやろう」と選手に語りかけた。

 4月24日というターゲットが決まりスケジュール調整にも着手。指揮官は「ここで試合が...    
<記事全文を読む>