今永「気持ち高まる」

   新型コロナウイルス感染拡大の影響でプロ野球が延期していた開幕日を4月24日とする方針を示したことを受け、横浜DeNAのアレックス・ラミレス監督(45)は「ベストな決断を下されたと思う」と述べ、今永昇太投手(26)は「モチベーションが上がる。開幕に合わせていく」と意気込んだ。

 練習試合は3月25日の阪神戦でいったん一区切りとなる。以降の予定を球団幹部らと話し合った指揮官は「まだ100パーセントは決まっていないが、何日かは休むという話になった」と明らかにした。開幕ロー...    
<記事全文を読む>