日本野球機構(NPB)とJリーグが連携して設けた「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第4回会議が23日、東京都内で開かれ、専門家チームからプロ野球の開幕、Jリーグの再開は4月下旬以降が望ましいとの見解が示された。提言を受け、NPBは12球団代表者会議を実施。最短で4月10日に設定していた開幕の日程について、同24日を目指す方針で合意した。無観客で行われてきた練習試合も再編。パ・リーグは3月24日から休止し、4月10日から再開する。セは3月27日から中断し4月14日に再開。提言を踏まえ、満員開催の自粛も避けられない状況だ。

 再び延期となったシーズンの開幕。12球団代表者会議...    
<記事全文を読む>