横浜DeNAは23日、東京五輪で野球・ソフトボールの主会場となる横浜スタジアムに新設された左翼側スタンドの「ウィング席」などを報道陣に公開した。

 2017年11月から約3年にわたる改修工事が完了。昨春完成したライト側スタンドの「ウィング席」に続いて、左翼ポール後方に2812席が設けられ、球場の最大収容人数は34046人に増えた。広範囲な視点で楽しめるほか、横浜港や関内の街並みも望める。

 左翼ウィング席には本格中華料理を提供する「濱星樓」もオープン。バックネット裏の屋上の「ベイディスカバリーBOXシート」も新装され、バーべーキューしながらの...    
<記事全文を読む>