野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は21日、茨城県結城市の鹿窪運動公園野球場で武蔵と練習試合を行い、14-13で競り勝った。

 両チーム合わせて30安打の乱打戦。栃木GBは二回、無死満塁から佐々木斗夢(ささきとむ)が中前に先制の2点適時打を放つなど、六回までに9-0と大差をつけた。しかし、七回から登板した3番手の萩原龍衛(はぎわらりゅうえい)が5四球と崩れ3失点。打線が5点を奪って突き放した直後の八回は、4番手の久原汰一(くはらたいち)が打者14人の猛攻を浴びて一挙8失点を喫した。

 3点リードで迎えた九回は手塚俊二(てづかし...    
<記事全文を読む>