常総学院高OBでプロ野球・横浜(元DeNA)などで活躍した島田直也氏(50)が同高野球部の投手コーチに就任することが19日、分かった。

昨年12月、学生野球指導者になるためのアマチュア側の資格回復研修会を受講。日本学生野球協会の審査を経て、3月16日付で資格回復が認められた。

島田氏は常総学院高のエースとして、1987年の春と夏の甲子園に出場。夏は故伊良部秀輝氏(元・米大リーグヤンキース)擁する尽誠学園高(香川)を破るなどして決勝進出。決勝こそ立浪和義氏(元中日)らが率いるPL学園高(大阪)に敗れたが、初出場の常総学院高を準優勝に導いた。 <記事全文を読む>