東北楽天は18日、仙台市の楽天生命パーク宮城で全体練習を行った。投手陣は、2軍で調整していた塩見が1軍に合流し、ランニングやキャッチボールで汗を流した。打撃陣は鈴木大らが打撃練習やゴロ捕球などに取り組んだ。
 岸は腰の張りを訴え、2軍での調整となった。伊藤投手チーフコーチは「復帰はいつになるか分からないが、一から状態をつくり直すことになる」と語った。
 三木監督は「選手たちは久しぶりに地元に帰り、いい表情で練習に取り組んでいた。開幕がいつになるか分からないが、この期間を有意義に過ごせるようにしたい」と語った。
 2軍は同日、埼玉県戸田市の戸田球場でヤクルト...    
<記事全文を読む>