開幕延期の非常事態も、地に足を付けて準備する。1軍生き残りをかける清宮は、全体練習後に居残りで打ち込むなど、精力的に汗を流した。20日から始まる練習試合を見据え「試合でアピールするだけかな、と思います」と顔を引き締めた。

 実戦形式のケース打撃では、先発のバーヘイゲン、杉浦、河野と対戦。5打席で無安打、3三振にとどまった。スイングはまだ固まっておらず「いろいろ試していて、合わないな、と分かりました」と苦心していた。

 昨年10月末に右肘を手術し、治療、リハビリに時間を費やした。2軍調整が続き、今月9日に1軍合流。限られた野手の枠を巡る競争の渦中にいる。栗山監督は...    
<記事全文を読む>