東北楽天は17日、先発陣が仙台市の楽天生命パーク宮城で練習を再開した。オープン戦全14試合を終えて本拠地に戻ってきた選手は、20日以降に予定されている練習試合に向けて体を動かした。
 則本昂、松井、石橋、弓削はグラウンドでキャッチボールやランニングをしながら約1時間汗を流した。岸は室内練習場で軽めの調整を行った。

◎則本昂再始動「キャンプでやったこと続ける」

 東北楽天の則本昂が練習試合に向けて再始動した。練習が始まった午前10時半、気温は約6度と肌寒く「動きが制限される。考えながら練習していかなければいけない」と注意を払いながら体を動かした。
<記事全文を読む>