延期となったシーズン開幕。先発ローテーション入りが内定している横浜DeNAの浜口遥大投手(25)は、先行きが見えない状況でも冷静だ。「調子の波を自分でつくり、開幕する時には上り調子にしていたい」と実戦で再調整を進めている。

 17日、横須賀スタジアムで行われた練習試合・西武2軍戦。本来ならば登板予定のなかった試合で4回4安打無失点と好投し、「スピードが出なくても崩れない投球ができた。引き出しが増えた」と三浦2軍監督を喜ばせた。

 この日の最速は140キロ。「もう少しスピードを出したかったけれど、丁寧に投げられた」と浜口は言う。三回は8球で打者3人を片付けるなど計...    
<記事全文を読む>