西武のザック・ニール投手(31)が16日、“ニール教室”を開講していることを明かした。開幕の時期が決まらない中、開幕投手に内定している“先生”は他の投手に助言をして先発陣をまとめながら、本番への準備を進める。

 「若い投手には、投球だけじゃなくてメンタル面のことも伝えたいよ。チームとして大事なことだから」。ライオンズトレーニングセンターでの投手練習で、キャッチボールなど自身の調整を終えたニールが穏やかな表情で話した。

 プロ2年目で初の開幕ローテーション入りに近づいている松本には「打たれても気にするな。これからの3...    
<記事全文を読む>