広島のケムナが、失地回復を期す。春季キャンプでは球威不足で首脳陣を落胆させ、途中で2軍に降格した。「落とされて当然だった。自分の直球を取り戻す」。自らチャンスを手放した大卒3年目は、尻に火がついている。

...    
<記事全文を読む>