広島はオープン戦を5勝5敗2分けの6位タイで終えた。野手は順調な仕上がりを見せた一方、投手陣は先発ローテーションも勝ち継投も不透明。佐々岡監督は「投手は期待していたが、先発もリリーフもなかなかうまくいっていない」と総括した。

 チーム防御率が12球団ワーストの4・71。守護神選びに頭を悩ます。本命候補のフランスアは体調不良。DJは3試合連続本塁打を浴び、球威に物足りなさがある。打たせて取るタイプのスコットも防御率3・00と決め手を欠く。「まだまだ試す。もっともっと危機感を持ってやってほしい」と模索を続ける。

...    
<記事全文を読む>