準硬式からプロへ-。福岡大準硬式野球部の最速153キロ右腕、大曲錬(4年・西日本短大付)が夢の実現を目指す。15日に福岡市の桧原運動公園野球場で九州六大学準硬式野球の春季リーグが開幕し、九州大戦で先発。7球団のスカウトが見つめる前で最速151キロをマークし、6回を無安打無失点に封じた。

 注目の豪腕の今季初登板に、集まったスカウトも目を丸くした。この日の最速となる151キロをマークした初回は3者連続三振。6回までに出した走者は内野の失策の他は1四球のみ。奪三振も13まで積み上げた。試合も9-1で7回コールド勝ち。堂々の無安打ピッチングだったものの、自己採点は「今季初の公式戦...    
<記事全文を読む>