◆オープン戦 西武3-1ヤクルト(15日、メットライフドーム)

 平成の怪物がメットライフドームに帰ってきた。ソフトバンク時代の2017年3月18日のオープン戦以来で、西武の一員としては06年10月7日のソフトバンクとのプレーオフ(現クライマックスシリーズ)第1ステージ第1戦以来となった所沢。松坂は6回から3番手で登板し、3回を被安打1、3奪三振の無失点に抑えた。「ここから状態を上げていかないといけない。セットポジションの方がバランスが良かった」と振り返った。

 3イニング目の8回2死一塁、令和の大砲村上と熱いバトルを繰り広げた。フルカウントから右翼ポール際に特...    
<記事全文を読む>