安定した投球を続けてきた新人森下にとって、初めての苦いマウンドとなった。初めて本塁打を浴びるなど4回7安打5失点。95球を要し、予定の5回を投げ切れなかった。「(打者への)入りが悪く、変化球をうまく投げられなかった」と反省した。

...    
<記事全文を読む>