対右打者用の特化戦力が機能した。右横手のドラ4ルーキー・鈴木健がオースティンを三振に斬るなど、1回1/3を無失点に抑えた。首脳陣があえて課した火消しのミッションをクリアし「怖さはあって、打たれても仕方ないと開き直っていきました。狙った場面で三振を取れて良かった」と表情を緩めた。

■開き直って結果

 オースティンを迎えた四回2死三塁で救援。外角のボールゾーンに逃げていく絶妙のスライダーで、空振り三振を奪った。五回は左の佐野に内野安打を許したが、右のロペス、宮崎を三振と併殺に打ち取り、“右キラー”の真価を見せた。

 ベンチはシーズ...    
<記事全文を読む>