◆オープン戦 西武-ヤクルト(14日、メットライフドーム)

 西武は4番DHで先発した山川を除き、主力で臨んだ13日の同カードからスタメンを総入れ替えして若手で臨んだ。

【関連】ドラフト号泣の西武育成1位・高木渉 故郷は豪雨被害…いつか錦を飾る日まで

 2回、山川の中前打を皮切りに呉念庭、柘植がつないで1死満塁として、B班(2軍)から参加した高卒3年目の20歳の外野手、高木がヤクルト小川から先制の左犠飛を放った。福岡・真颯館高出身で1年目のオフに育成から支配下に。「打ったのはチェンジアップだったと思います。2ストライクと追い込まれていま...    
<記事全文を読む>